WORLDオリジナルCフレームキット

2016年09月09日(金)13:18 更新

【ハイエース専門店での取付と推奨します】

◆ローダウン車輌のフルバンプ時の底突きを解消し、十分なストロークを確保出来ます。
◆一定量以上ローダウンするとバンプストップ、ショックを変えても底突きまでは解消できません。
◆快適なロワードを実現するにはCフレーム(Cノッチ)加工が必要不可欠です。
◆車両装着状態にてVIA(財)日本車両検査協会による応力(ひずみ)測定試験をクリアしていますので、強度の心配をされる方にも安心してご使用頂けます。

○200系ハイエース1~4型全年式に対応/コミューター(15人乗り)は不適合
<意匠登録済 登録番号1389704号>

【キット内容】

●アウターブラケット×2 ●インナーブラケット×2 ●デフ上部ブラケット×1 ●プロポーショニングバルブ移設ブラケット×1 ●専用バンプストップ×2 ●取付用ボルト一式
フレームをカット後、純正フレームの中にインナーブラケットをスライドさせて入れ、外側からアウターブラケットで純正フレームを挟み込むタイプのまったく新しい発想で作られたCフレームキットです。

※上記の取り付け方法以外にも作業性に優れたセルフタップビスを使用する装着方法や溶接での装着方法もお選び頂けます。

【詳細】

◆タイヤ側の取付ボルトはTRX皿ネジを使用しておりますのでフレームより突出せず、走行時にボルトとタイヤが干渉しないように配慮しております。
◆デフがフロアパネルに干渉しないよう、70mm厚のバンプストップをセットしています。
◆エアサス等を併用する場合は好みの高さにカットして使用可能です。
(バンプカットをする場合はデフ上部フロアパネルの加工が必要になります)
フレーム加工の際に干渉するプロポーショニングバルブを移設するブラケットも含まれます。

【車検規程改正による重要な注意事項】

●自動車検査独立行政法人審査事務規定の別添1(2-12関係)改造自動車審査要領の改正により平成27年4月1日より新規登録車に限り、検査時に改造自動車届出書が必要となります。

●新規登録車とは新車及び一時抹消された車両を登録する場合も対象となりますのでご注意下さい。

●尚、現在弊社のCフレームキットを装着された状態で継続検査(一時抹消しないで)を受ける場合には従来通り上記に記す改造自動車届出書は必要ありません。

◎平成27年4月1日以降の新規登録車への対応に関しましては現在、改造自動車届出書作成の準備をメーカー側で進めております。