玄武ストロークストッパー

2014年07月02日(水)14:19 更新

ハイエースをローダウンする上で邪魔な存在となる純正バンプストッパー。

標準車高から大幅にダウンした場合、サスペンションの有効ストロークは極端に減少するため、大きくバンプした際に不快な衝撃を感じるのです。

ところが、それを嫌って、取り外した状態で走行すると、段差やカーブなどでフロントタイヤがホイールハウスを激しく擦り、リバンプ時には反動で車体が浮き上がるなど、非常に不安定で危険な状況に陥ります。

さらに、リア側で発生するアクスルキャリアとフロアの接触も重なり、まるで快適とは程遠い乗り心地へと変化してしまいます。

そんなローダウンの弊害を避けるために必要不可欠なアイテムが“ストロークストッパー”です。従来の製品とは異なる発想で開発したこのアイテムは、特殊ウレタン素材の採用により、衝撃を吸収しながらストロークスピードを制御することに成功しました。

また、付属のアジャストプレートを組み合わせて高さを調整すれば、ストッパーの作動ポイントを自分好みにセッティングできます。

【注意】

当製品は高度の低いウレタン素材を使用しています。

経年使用に対して、変形 潰れの発生する可能性があります。

定期的に交換をお勧めします。

 

【適応車種】 200系ハイエース/レジアスエース全車
【適応型式】 TRH/KDH2##
【適応年式】 2004年9月~