●ハイエース キャラバンのローダウンについて

Q:トーションバーって何ですか
A:トーションバーとはスプリングの一種類です。普通スプリングというと鉄の棒をコイル状に巻いたものをイメージしますが、コイル状に巻かなくても、一本の真っ直ぐな棒のままでもスプリングとして機能します。棒の片方を固定して、もう片方をねじればいいのです。このようなスプリングをトーションバースプリングといいます。

Q:純正トーションバーで車高を落とした場合、どうなりますか
A:標準車高のときに比べて乗り心地はソフトになりますが、走行時突き上げ感が増えてショックアブソーバの寿命を低下させてしまいます。

Q:4WD車のローダウンは可能ですか
A:基本的には2WDと同じ手順でローダウンは可能ですが、ドライブシャフトブーツが切れてしまう事があります。極端にロワードするとボディ振動が起こることがあります。

Q:どの位までのローダウン理想ですか
A:当社では38mmダウンを推奨しています。

Q:走行時に横風に車両があおられてしまうのですが何か対策はないですか
A:強化スタビライザーに交換することをお勧めします。車のロールを軽減することが出来る製品ですので走行安定性が向上します。

Q:強化トーションバーとハイパー強化トーションンバーの違いは
A:トーションバーの太さが異なります。 強化トーションバーは26Φ ハイパー強化トーションバーは 27.5Φとなります。単純に太い方が硬いと思って下さい。

Q:TakumiGHXとRanchoRS7000MTの違いは
A:TakumiGHX、RanchoRS7000MT双方共 車種別専用品ですが、TakumiGHXは複筒式オイルショック RanchoRS7000MTは単筒式高圧ガスショックと基本的な構造が異なります。

Q:RanchoRS7000MTとRanchoRS9000XLの違いは
A:RanchoRS7000MTは単筒式高圧ガスショックで減衰力調整機能が付いていません。RanchoRS9000XLはトリプルチューブ(3重複筒式低圧ガス)ショックで9段階減衰力調整機能付となります。RS9000XLショックは乗り心地が調整可能です。

Q:リバウントストップ(RSK1/RSK2)の役割は
A:Rim強化トーションバーやハイパー強化トーションバーでロワードする際、トーションバーボルトを緩めて 車両をローダウンします。その際、ジャッキアップ状態でおこるアンカーアームの遊び(ガタ)を防止する為に必要な商品となります。

Q:なぜ薄型バンプストップが必要なの
A:ノーマル車高では必要ありません。ローダウンが原因で生じる突き上げ感の軽減です。大幅にダウンすると、サスペンションのストロークが減少するため、大きくバンプした際に衝撃を感じます。そのため純正品に比べて高さを薄くすることによりサスペンションのストロークを確保させて衝撃を軽減させます。

Q:リアをブロックでダウンしても危険ではないのですか
A:Rimロワリングブロックキットのブロックは材質をスチールの無垢で製作してあります。軟鉄のためアルミより柔軟性があり、割れにくい性質を持っています。Uボルトは純正と同じ太さを採用し取付ナットはナイロンナットを使用 材質強度成績書付ですので安全な商品です

●販売について
Q:店頭での直接購入は可能ですか?
A:現金となりますが、販売させて頂きます。

Q:電話・メールから購入は可能ですか?
A:代金引換または銀行振込にてご注文は承ります。

Q:業販は行っていますか?
A:もちろん業販も承ります。業販をご希望のお客様は、FAXにてお問い合わせ下さい。
  【業販サイトはこちら】