玄武ハイパートーションバーボルトキット

2014年07月03日(木)11:00 更新

ハイエースのローダウンに直接関わるアイテムといえば、リアの車軸とリーフスプリングの間に挟み込むダウンブロックが一般的。では、フロントについてはどうでしょう? 通常は、トーションバーをボディ側に固定しているアンカーアームの角度を調整することで車高を変化させます。

その機構はハイエースに標準で備わっており、構造自体に不具合を感じることはありません

調整作業を繰り返し行なったり、強化タイプのトーションバーへ変更した場合には、強度的な問題が生じることも事実です。

強度と作業性を徹底的に追求したトーションバー調整ボルトを新たに開発しました。

強靭なクロムモリブデン鋼をベースにM12からM14へボルト径を拡大。それに伴い、ナットをはじめとする各構成部品の基本設計を見直すことで、手荒く扱っても破断や折損の心配が無い、最強の車高調整システムを完成させました。

 

 

【適応車種】:200系ハイエース全車対応

※製品の詳しい詳細はメーカーHPにてご確認ください